建造中の陸奥、途中経過(顔)

  • 2019.01.13
  • CG
建造中の陸奥、途中経過(顔)

陸奥の顔ですが、今日は主に唇の作成、顔のライン全体と目のまわりを手直しして時間切れ。

細かな修正は後回しにして、どんどん進めて陸奥の全身像を早く拝めることを当面の目標にしてます。今回は顔まわりについてメモ書き程度の報告を。

真正面。唇は作例にあるような簡素な口まわりでは作らず、普通の厚みのある唇で作ってみました。レンダリングの結果は、下唇の影が出ます。最終的な絵作りの際に、この影をどうにかするかもしれませんが、今はこの状態で進めていきます。

目の中のハイライトが瞳に影を落とすのは、最終的にはNGな表現かと思います。今回は同一オブジェクトとして陸奥の顔をまとめて扱った上、ライトの影を落とす設定にしたことが原因です。本番(?)では別オブジェクトで扱い、ライトによる影が落ちないようにします。

斜め45度。前述のとおり厚みのある唇をモデリングしたので、唇の下の影が出ています。今後の目のモデリング方針としては、白目・虹彩・まつ毛の追加することで、恐らく目のまわりの作業は終了かと思います。

一点大きく気になっているのが、あごの影がガタガタなのを直したいです。法線の具合が影響しているらしいですが、ざっとネット検索した感じではLightwaveでの解決方法が見当たらないようです。一旦解決方法の模索は延期として次に進んでいきます。

最後は上目づかいアングル。目がテクスチャではなく、奥行きのあるモデリングをしているので、アングルを変えるだけでも表情が出るみたいです。これならば別記事で書いた舌の実装を行うことで、ベロを出したおちゃめな感じな表情になると思うので、作りのモチベーションがアップするかもしれないです。